トップページ >  もろみ酢サプリの豆知識 >  もろみ酢とお酢と黒酢

もろみ酢・お酢・黒酢の違いって何?効果も違うの?

もろみ酢とお酢の違い


以前から、酢は体の健康にも美容にも効果が高いと言われてきました。 酢や黒酢やもろみ酢などのさまざまな商品があるので、その違いがよく分からない! と思う人もいるのではないでしょうか?

もろみ酢とお酢の違いはどこにあるのでしょうか? もろみ酢は、酢や黒酢とは作り方が大きく違っています。

酢や黒酢は原料を発酵させて作るのですが、もろみ酢は泡盛などのもろみ粕(カシジェーといわれるもの)を搾ったものです。 作り方だけではなくて、主成分も大きく違っています。

酢や黒酢の主成分は酢酸なのですが、もろみ酢の主成分はクエン酸とアミノ酸ですから、酢や黒酢以上にもろみ酢はクエン酸やアミノ酸の高い効果が得られるのです。 毎日飲む際には重要なポイントになる味なのですが、もろみ酢は酢や黒酢に比べてツンとこないので飲みやすいと言われています。

このように、同じ酢といわれているものでも、1つ1つをよく見比べてみたら成分も作り方も味も大きく異なっているものです。 あなたが体のことを考えて、より高い効果を得たい際には酢や黒酢以上にもろみ酢を摂取することをおすすめいたします。


もろみ酢と黒酢の違い


以前から酢を補給すると体の健康にも美容にも効果が高いので、注目されてきたのです。 気になるのは、もろみ酢と黒酢似たような響きだから、どのように違うのかということです。

1番に違うのはその成分です。 もろみ酢は、クエン酸とアミノ酸からできています。 一方の黒酢は、酢酸が主原料になっています。 より体に高い効果が得られるのはもろみ酢の主原料のクエン酸とアミノ酸なのです。

製造の方法も違っています。 もろみ酢は、泡盛を作る過程でできるもろみ粕から作られています。 黒酢は、酢酸を発酵させて作られているのです。 作り方も主成分も同じお酢なのに、まったく異なっているのです。

味も2つは違います。 より味わっておいしく飲みたい方は、泡盛から作られたもろみ酢を飲むことをおすすめします。 黒酢はにおいもきつく飲みにくいと感じる方が多いですが、もろみ酢はツンとくる臭みも少なく飲みやすいと言われているからです。 飲み方もそのまま飲んだりソーダに割ったり、お料理に加えたりとあなたのお好みにあった飲み方をすることができます。 飽きがこないように、シーンにあわせてお酢を使い分けてみましょう。





他のお酢にはないクエン酸とアミノ酸で体をいたわりましょう。もろみ酢の商品を比較しているので、購入の検討に役立ててください。↓